2018年9月25日
9月2日(日)
第24回愛知県空手道錬成大会が開催された。

 

この大会は年末の全日本大会の出場権がかかっている。

 

中学1・2年生は来春の彩の国杯への出場権をかけての戦いである。

 

いつもは審判員の不審に不服を持っていたが、今回はそれに加えて補助員の間違いが

 

各コートで非常に多かったのが目についた。

 

補助員は参加団体から数名ずつ協力しているけれど、まったくルールを知らない人が多かったようだ。

 

試合中に時間が動いていない、主審がヤメをかけたのに時計が動いている。

 

カテゴリーの反則注意が入ったのに、C2ポイントが1しか入れてないなど、

 

それに相変わらず監査も気づいていない。

 

そんな中、選手たちは各コートで良い戦いをしていた。

 

形試合では中1女子の選手が目につき、注目していた。

 

結果は3位だったが、素晴らしい選手だと感じた。

 

後で本人に聞いたところ、会派は全く違うが、私の知人のご夫婦が先生とのこと、二度ビックリ。

 

さて、我がチームの結果は

 

成年女子組手、3位

期待の中学生は

 

中学2年男子組手、ソウタが準優勝

 

中学1年男子組手がユウガ準優勝

 

同じく第3位にユラが入り、三名が彩の国杯への切符を手にした。

 

高校生男子形試合はリュウノスケが優勝、組手もベスト8に敢闘してくれた。

 

笑いあり、涙ありの一日だったが、やはり普段の稽古内容が結果として表れたようだ。

 

2018年9月1日
8月26日(日)
朝から眩しいくらいの太陽、暑い熱い一日が始まった。

 

会場は駐車場が少ない為、早めに出発し30分くらい入場待ち

 

自分は今回は何もやらなくても良かったはずだが

 

Bコートの主任が家族の急病のため欠席

 

その為、急遽Bコートの主任

 

形試合から始まって組手試合へ

 

形は流派の形

 

しかし、形講習会へ顔を出していない連中が審判のため

 

勝つべき選手が負けるという結果が続出

 

途中で審判全員を集めて指導する。

 

組手は我がチームは小学生の参加がが少なく、タツヨシが3位

 

中学1年生は1位から4位を独占

 

続く、女子中学生も1位から4位すべてを独占。

 

中学2・3年は2位と3位と振るわず。

 

一般男子組手はワンツーフィニッシュ

 

一般団体組手A・Bチームでワンツーフィニッシュを決めた。

 

会場の体育館は数年前までこの場所で教室を開いていた場所。

 

この教室の出身者の伊熊兄妹のシュンとハルカが揃って優勝し

 

故郷に錦を飾った。

 

自分なりには不満の残る大会ではあるが、生徒たちはよく頑張ってくれたと思う。

 

さあ、今日からは県の錬成大会へ向けて気持ちの切り替えだ。
7F003C9A-C644-4406-8ECC-7609FBF6F829