猛暑、酷暑暑い一日

2018年8月2日
連日の猛暑の中、22日は本部道場で形講習会、昇段審査会

午前10時から始まった形講習会

道場内はとても暑く、立っているだけで汗が流れ落ちる。

倒れそうになるくらいの暑さを乗り切り、無事指導終了。

有段者3名には終了後、会派すべての形を指導。

時間が無くなったので、近くのコンビニで昼食をキープ、道場内で昼食タイム

 

午後1時から、昇段審査会

我が教室からは3名が受審

自分は審査席

無事に通ってくれることを祈りながら審査していたが

3名が3名とも同じところが間違っていた。

絶対に間違ってはいけない所なのに、

周りの受審者たちは随分レベルが低いとは思っていたが

それに気を取られて緊張感がなくなってしまったのか、この気のゆるみように、怒髪天に達し、ブチギレ

審査の結果は7名の審査員の点数により、宗家から発表された。

 

他支部の生徒たちはほとんどが7-0で合格する (忖度がまかり通る中)

我が生徒たちは全員が6-1で黒帯を手にする事が出来た。

 

言わずもがなではあるけれど、不合格点を出したのは自分。

他支部の生徒たちには基本的にも合格点を出せるような人は少なかった。

全てにおいて完璧な状態で合格させたい気持ちを裏切られたショックは消えない。