2018年5月28日

5月20日

 

西日本実業団空手道選手権大会
早朝5時30分出発、尼崎へ

 

ノンストップで約2時間、駐車場で休息をとり、会場入り
形試合から始まり、組手へ

 

我がチームは4名の参加、個人組手、団体組手にエントリー

 

ポイントゲッターの一人を欠き4人での挑戦
個人戦は善戦するも惜敗
兄貴分の助教が試合前に選手たちにはっぱをかけたそうだ。

 

コート決勝の愛知県警、苦戦に苦戦を重ねて勝利
続く兵庫県警には歯が立たず、惨敗。
表彰式にはベスト8の賞状と盾をいただき、歓びのショットに収まる。

 

反省点を叩き直し、全国に挑戦しよう。

 

自分は一日フリーの立場で、会場では様々な先生たちと交流が出来、思い出に残る一日になった。

 

ソフトクリーム(生れてはじめて口にした)を奢っていただいたり、3度に亘って電話を頂いたり、
マスターズへの激励を頂いたり、会いたかった人たちにも合えたり、
久しぶりに充実した一日であった。
お会いした先生、ご挨拶いただいた方々には感謝いたします。
ありがとうございます。
皆様のご多幸を祈ります。

 

愛知県の高体連(インハイ予選)
速報が入り、我が生徒のリュウノスケが形で優勝。
決勝戦は7-0の圧勝だったそうだ。
前日に厳しく指導したことに応えてくれたようで、歓び一杯です。